愛した女性は風俗嬢

計画さえ楽しいものです

風俗って女の子との時間が最高だと思いますけど、一緒の時間を過ごしているだけではなくて、何をしようかなとかあれこれ考えているだけでもそれはそれでとっても楽しいものだと思うんですよね。むしろそれこそが風俗の醍醐味といっても決して大袈裟ではないと思いますし、ホームページとか、あるいは風俗の数あるポータルサイトを見ながらどうしようかなと計画を立てているだけでもそれはそれでとっても楽しいんじゃないかなって素直に思うんですよね。そうした計画を立てるだけでも個人的には何気に好きだったりしますし、自分でも計画というか、妄想しているだけでもそれはそれで面白いんですよね(笑)それに妄想から新しいことに気付かされることがあるんですよ。妄想によって、もしかしたらそういったプレイも好きなんじゃないかなとか、改めて興味を持つケースも珍しくないんです。そういったことを踏まえると、風俗は妄想も含めて楽しむものなんじゃないのかなって。

風俗がいつも楽しいからこそです

なぜこれだけ何度も何度も風俗で遊んでいるのかって言ったら、それだけ風俗が楽しいからこそです。決して複雑な理屈ではなく、楽しいものであれば何度でも遊びたいって思うじゃないですか。逆にイマイチだなって思ったり、そこまでじゃないなって思うようなものであれば利用しないと思うんですよね。だからこれだけ何度も何度も風俗で遊ぶってことは深層心理でかなり気に入っているからこそなんじゃないのかなって思います(笑)それに、いつ遊んでも楽しいというのもあります。特定のタイミングでなければ楽しめないようなものではないんです。風俗嬢はどのようなタイミグ・シチュエーションであれお客を満足させようとサービス精神を発揮してくれるじゃないですか。それはやっぱり大きいですよね。こうした特徴があるからこそ、常に遊びたい気持ちになってしまうのも男であればわかってもらえるんじゃないのかなと(笑)本当に「ふと」遊びたくなるんですよね。